少人数が適している理由とは

自分の意見を伝えるなど積極性が身につく

多くの人が集まって行われる研修だと気が緩んでしまうことってありますよね。質問などをされても誰かが答えるだろう、などと思ってしまいただ講義を聞いているだけということも。少人数での研修だとそうはいきません。何か聞かれたり、自分で意見を述べたりすることが多くなります。気を緩めてなどいられませんね。頭をフル回転させて勉強します。

控え目な日本人は自分の意見を言わない、と見られていますよね。もちろん自己主張が強すぎるのはどうかと思いますが、仕事上意見を言うのは大切なことです。積極的な姿勢を認めてもらえて評価されることもあるでしょう。少人数の研修なら、自分の意見を言うなどの積極性が身につくだけでなく、相手に理解される伝え方も勉強できますね。

個性に合わせた指導が受けられる

学習塾の個別指導ではありませんが、少人数だと一人ひとりの個性も把握しやすいでしょう。指導者側としては個性に合わせた指導も可能ですね。大人になってからでも個人の性格や仕事のやり方などを把握してもらい、適切なアドバイスや指導をもらえるのはうれしいものです。成長を見てもらっている、と感じるとやりがいにもつながりますよね。

人数が少ないと仲間意識も高まります。コミュニケーションも取りやすいので仲良しになれるでしょう。仲良しになることで人脈が広がったり、仕事がしやすくなったりすることもあります。悩みを打ち明けられる友人を見つけた、ということもあるでしょう。職場に信頼できる仲間がいるのは心強いもの。会社に行くのも楽しくなるでしょう。

商談中に相手がニコニコしていたとしても、必ずしも自社に賛同してくれているとは限りません。そのため人材育成の研修では、相手を観察しながら自分を俯瞰して見ることの重要性を伝えることが推奨されています。