大勢の方が効果が高まる理由とは

周りの社員に良い刺激を受けることができる

大勢に対して行う集合研修は、色々な人材育成研修の方法の中でも、周りの社員に良い刺激を受けることができ、研修効果を高めやすいといったメリットがあります。特に、営業や事務、技術など異なる職種の社員が集まる研修は、研修中の様々な場面で色々な人の価値観を知ることもできます。一方、経営者や人事担当者にとっては、同じ機会に集合研修を実施することにより、会場のセッティングの手間を省けたり、コストカットに繋がったりすることもあります。その他、研修で学んだ内容を日々の業務のために役立てるには、研修後も参加者同士で社内SNSを使って意見交換をしたり、研修中に使用したテキストや資料を繰り返し確認したりすることが重要です。

プレゼンテーションやグループワークを取り入れやすい

集合研修は、プレゼンテーションやグループワークなどの双方向のコミュニケーションを取ることができ、社員の主体性や協調性を育てるうえで重要な機会となっています。また、普段はあまり接することがない管理職や同期と交流を深めたり、お互いの業務内容について理解をしたりすることも可能です。そうした中、集合研修の効果を最大限に高めるには、研修の担当者同士で話し合って、一度に研修を受けさせる社員の人数や、目的に合った研修のメインテーマを設定することが重要となります。その他、コストは高くなりますが、座学の他に演習や実習などの形式を採用したり、外部の人材育成に詳しいコンサルタントなどに集合研修に関するアドバイスを聞いたりすることも大切です。

接客業務に携わっている人にとってCS(顧客満足度)の向上は必要不可欠です。接客のセミナーでは、おもてなしの心を学んだり、実際の接客を模したロールプレイングを行ったりします。