少人数が適しているシーン

ミーティング、プレゼンテーション

会社で定期的に行われるミーティング、プレゼンテーションは、部署やグループの代表が集まって行われるため少人数であることが多いですよね。中小企業における会議も必然的に小規模になりますが、大企業に関しては敢えて少人数ミーティングを採用するという職場もあります。会議の参加人数を最小限に抑えるのは時間の無駄をなくすだけでなく、社員一人一人の価値を高めモチベーションを向上させるという人材育成の手法としての狙いがあります。また、本社と支社の場所が離れている環境などで用いられるスカイプ通話での会議では、通信回線の混雑による遅延の影響を受け話し合いが中断するなどの可能性も考られるので、少人数の方が適したシーンといえるかもしれません。

電話、メール対応のシーン

ビジネスシーンにおいて電話やメールはクライアントとのやり取りだけでなく、社内での連絡ツールとしても欠かすことが出来ません。特に電話は第一声でその会社の印象が決まるとも言われるほど常識的なコミュニケーションスキルを問われます。また、緊急時には電話での的確な対応がとても重要になってきます。そんな電話やメール対応でのシーンは、第三者が介入することもありますが、話をスムーズに進めるためにも原則1対1でのコミュニケーションがベストとされます。挨拶、本題への入り方、締めの言葉など、どの企業にも共通する基本的な部分は出来るだけ削ぎ、一番大事な本題に時間を割けるようスムーズに話を進めるスキルを身につける必要があります。マンツーマンでの訓練が効率的かつ実用的な方法といえます。メールの方がより形式的なので電話対応での訓練を応用できるでしょう。

接客マナーの研修なんて面倒くさい…そう考える人は多いものです。しかし、店舗や会社で統一されたマナーができていなければ、その不快感は直接客に伝わってしまいます。決して簡単に考えていいものではないのです。