人材育成研修をするときにはできるだけ多くの人を集めた方が良いのか、少人数制にした方が良いのかと悩んでしまいがちです。どちらが良いかで困ってしまった際にどんな点を判断基準にするのが適切かを考えてみましょう。

大勢に対して行う方法

大勢で行うのが良いシーン

社員に行う人材育成研修は、少子高齢化で人材の確保が難しくなっている現代において、企業間の競争を勝ち抜いていくためにとても重要です。研修の形態は大まかに、個人・少人数・大人数のスタイルがあります。特…

大勢の方が効果が高まる理由とは

大勢に対して行う集合研修は、色々な人材育成研修の方法の中でも、周りの社員に良い刺激を受けることができ、研修効果を高めやすいといったメリットがあります。特に、営業や事務、技術など異なる職種の社員が集…

大勢にする問題点も確認しよう

人材育成研修の対象者は研修の目的や内容によってそれぞれ異なりますが、場合によっては大勢を対象にすることもあります。例えば会社や団体の新人研修などは、同じ期に入ってきた全員が対象になる場合が多く、会…

人材育成のセミナーのメリット

人材育成のセミナーを受けることによって、社員に将来的に必要になる技術や知識を早いうちから身につけさせ、生産性の向上に繋げることが期待出来ます。

少人数で行う方法

少人数で行う人材育成研修はどんなシーンで高い効果を発揮するのでしょうか。多くの参加者がいる場合と何が違うのかに着目して、少人数制の人材育成研修を実施することよって何が得られるのかを判断できるようになりましょう。

少人数が適しているシーン

会社で定期的に行われるミーティング、プレゼンテーションは、部署やグループの代表が集まって行われるため少人数であることが多いですよね。中小企業における会議も必然的に小規模になりますが、大企業に関して…

少人数が適している理由とは

多くの人が集まって行われる研修だと気が緩んでしまうことってありますよね。質問などをされても誰かが答えるだろう、などと思ってしまいただ講義を聞いているだけということも。少人数での研修だとそうはいきま…

少人数にすると生じ得る問題とは

日本の教育システムでは、積極的な発言をしたり、間違いを恐れずに提案をしたりするための教育が重視されていません。そのため、人材育成研修を少人数制でやったとしても、メンバー一人ひとりからアイディアや発…